春の農作業

2010年4月 4日

本日地元の農家の皆さんによる用排水路・農道の清掃・整備が行われました。水路は泥上げ・農道は敷き砂利をし、泥上げの泥は池のえん堤へ運び植栽の基盤といたします。作業中にはタンポポが咲いていました。

s-画像 001.jpg

s-画像 006.jpg

s-画像 012.jpg

s-画像 024.jpg

舌喰池周辺整備(遊歩道整備)活動告知

2010年4月 3日

◎本日、とっこ館西側にあります全国ため池百選に認定された【塩田平のため池群】の中の舌喰池で田園整備事業上田青木地区塩田工区舌喰池工区ため池周辺整備その2の直営施工が地元住民・上小地方事務所手づくり農村応援隊・塩田地域自治センター・上田市役所農林部土地改良課・塩田平土地改良区の皆さま総員約50名の参加で幅70cm~1,5m 長さ約400m
が完成いたしました。この活動により舌喰池は一周できるようになりました。そして18日からは四阿屋(おずまや)の建設が始まります。4月末にはすべての完成の予定です。ぜひ5月の5連休にはとっこ館へお立ちより下さい。

s-CIMG0014.jpg

s-CIMG0020.jpg

s-CIMG0028.jpg

s-CIMG0057.jpg

東馬焼き展示

2010年4月 2日

◎本日より、情報の間のガラス展示スペースに東馬焼きを展示いたしました。【幕末塩田平で焼かれた東馬焼きは、上田市古安曽平井寺字神明前に窯がありました。現在の平井寺トンネルよりね手前約500m程の竹やぶのなかです。東馬焼きの名前は、窯を興した林東馬の名前が由来であり、当時どの様に呼んだか定かでない。 松代焼きに触発され、殖産振興を願い始めたが、明治9年、窯元で庄屋の、林東馬が亡くなり工程が長く、ロスの多い窯業は約20年で廃窯となり、残ったのは負債のみであった。 製品は日常雑器で、あらゆる物を焼いている。松代焼きの職人が、指導したので見た目はそっくりで、殆どが松代焼き手とされていた。昭和26年4月に五十嵐幹雄氏が中心となり、窯跡が発掘調査きれ、千曲20号に報告されています。(仔細はそちらで) 東馬焼きの魅力は、釉薬の美しさ、紫陽花色、藤色、ブルー、グリーンが松代とは違い、発色が綺麗であり収集家には、御当地物として、人気のある焼も物。東馬焼きを集めて、40年になるが、高くて買えなかった物がたくさん有り、コレクションとしては、不完全ですが展示されている中には、1点のみ残された製品もあります。又窯跡の図面から復元した、登り窯の模型を製作しました。全長約12m、7段の大きな窯でした。】

s-IMGP0617.jpg

s-IMGP0619.jpg

s-IMGP0618.jpg

とっこ館イベント案内(平成22年4月 №2).pdf

とっこ館休館日の告知

2010年3月31日

昨年10月1日オープンしました「とっこ館」もね半年が過ぎました。半年間運営するなかで、月曜日使用の希望者が多くあり、休館日でありながら開館ということが多々ありました。そこで、平成22年4月から休館日を水曜日に変更いたします。なお、平成22年4月から休館日を水曜日に変更いたします。なお、開館は午前9時から、閉館は午後5時の今までどうりです。(申請ある場合は夜10時まで)  今後もとっこ館ご愛顧を重ねてお願い申し上げます。※新たな展示を開催いたします。東馬焼(とうまやき)の作品展 期間:4月3日(日)~5月中旬まで 時間:午前9時~午後5時まで 出品者:高橋さん(上田市) ※上田市東塩田平井寺地区に、以前東馬焼の「のぼり窯」がありました。東馬焼の色合いは、松代焼に似た感じです。※「のぼり窯」の模型も、展示されます。お出かけください。※5月はそば打ち体験・味噌づくり教室を企画しております詳細は追ってお知らせいたします。

ご利用ありがとうございます。

2010年3月30日

◎とっこ館開館より半年が経過いたしました。3月はひな祭り・田園空間展示会・麹づくり・卒業、卒園記念展示会等を開催し来館累計7,800人を記録しております。10,000名での記念イベントを予定いたしております。4月からは展示物等を変えて更にリニューアルしたとっこ館の運営を企画してまいります。例自然観察、学習会等

s-DSCF2262.jpg
たまねきドレッシング(分離液状ドレッシング)手作り・黒酢造りです。好評です。

« 戻る |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  | 191 |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  |  201  |  202  |  203  |  204  |  205  |  206  |  207  |  208  | 次へ »