【第2回 とっこの里ふれあい収穫祭】に向けての準備が始まりました。

2019年9月 8日

今年も、【とっこの里ふれあい収穫祭】が、10月27日(日)に開催予定です。


令和の年に入り、今年はとっこ館開館10周年という事もあり、感謝の気持ちも込めて
【とっこ館開館10周年、ありがとう! とっこの里ふれあい収穫祭】となりました。


収穫祭に向けての準備が始まり、とっこ館玄関前には看板が立てられ、幟も賑やかに立てられて、雰囲気作りのスタートが切られました。


準備が進むにつれて、収穫祭へと雰囲気が徐々に高まっていきます。


s-DSCF2560.jpg

s-DSCF2557.jpg

s-DSCF2556.jpg

s-DSCF2558.jpg

s-DSCF2559.jpg

塩田の焼物 小作品展・・・(山三窯作品展)

2019年9月 3日

9月2日~10月29日(水曜休館日)まで、田園空間展示ホールにて、宮澤良三氏の作品展を開催しています。

宮澤さんは、"塩田の土"を使って焼物をされています。

以前から、とっこ館にて、とてもお安く作品の陶器も販売しています。

宮澤さん独特の色合いと暖かみのある作品が大小並んでいますよ。

是非、とっこ館に足を運んで作品展をご覧ください。


s-DSCF2550.jpg

s-DSCF2552.jpg

s-DSCF2553.jpg

s-DSCF2551.jpg

s-DSCF2555.jpg


ガマの穂・・・舌喰池

2019年8月31日

前回ご紹介した舌喰池の蓮と同じように、ガマもたくさん生えています。

ガマの穂は、その姿の香ばしい色と形がフランクフルトのように見えますね。

日本神話に出てくる【因幡の白うさぎ】のお話の中に出てきますから、子供から大人までお話と共によく知られている植物でもあります。


s-DSCF2522.jpg


因幡の白ウサギ.jpg

s-DSCF2521.jpg

ガマは、ガマ科ガマ属の多年草で、抽水植物・・・・(根が水底で、茎と葉が水面に出ている植物で、前回ご紹介した蓮もその仲間です)です。


ガマの穂は、穂を擦るとふわふわの綿のようになりますが、大昔は火付けに使われたり蚊取り線香の代用品として使ったり、漢方薬にもなるとのことですよ。


s-DSCF2520.jpg


珍しい・・・舌喰池の白い蓮の花

2019年8月31日

s-DSCF2526.jpg

s-DSCF2532.jpg


舌喰池に、白い蓮の花が沢山咲いています。 ピンクの蓮の花も少し咲いているのですが、ほとんど白い花ですよ。

上田では、国分にある八日堂 信濃国分寺の蓮の花が有名でピンクの花が多いですが、とっこ館前の舌喰池では、白い花がほとんどです。


花の近くに寄れないので、遠くからの写真で残念なのですが・・・


s-DSCF2523.jpg

s-DSCF2524.jpg


お天気のいい日に散歩がてら、舌喰池の散策にいらして下さい。
日差しも真夏~秋に、かわってきていますね。

長和町立和田小学校の5年生が来館しました。

2019年8月27日

今日は、午前中・・・長和町立和田小学校の5年生の皆さんが、塩田平やため池の歴史についての勉強の為、とっこ館に来館し、館長(西澤むめ子)から、一時間ほど話を聞き、ビデオ観賞、舌喰池の見学をしました。


s-DSCF2545.jpg

s-DSCF2543.jpg


s-DSCF2547.jpg


s-DSCF2549.jpg


児童の皆さんは、館長の何か質問はありますか?の問いに、積極的に色々な質問が次々と出ましたが、その中で「舌喰池は、舌を喰う池・・・舌を食べるって、どうしてそんな名前が付いたんですか?」という質問が出ました。

舌を食べる・・・喰うなんて信じられない事で、誰でも疑問に持ちますね?

少し、舌喰池の名前の由来のお話を紹介しましょう。

【塩田平は、塩田三万石といわれた上田藩は、上田・小県地方きっての米どころでしたが、この塩田平は我が国でも稀に見る雨の少ないところですので、水田に必要な用水は、沢山の水を貯める池を作って賄っていました。

昔は塩田平には大小200もの池があったそうです。 その中で手塚に初めは"大池"と呼ばれる池があり、江戸時代に三度も大きな改修工事があったということです。

この池が新築された時に土手から水が漏れて十分に水を貯める事が出来なかったので、池の大改修をすることになりましたが、中々旨く行かずそんな中で、池の土手に人柱をいれなければ水が貯まらないという話が何処からともなく伝わってきました。

"人柱"と云うのは、生きた人を土地の中に入れて祈ることです。そんな辛い悲しい事をしなくてはいけない事に皆心を痛めましたが、水を貯めるためには人柱になる人を選ばなければいかず、くじ引きで決める事となり、選ばれたのは村はずれの娘でした。

このことを告げられた娘は、日夜悲しみに明けくれていましたが、"人柱"に立つという前の晩に身の不運を嘆いて、舌を食い切り、池に身を投げて死んでしまいました。

この悲しい出来ごとがあってから、村人たちはその娘さんにお詫びをしながら水を使わせてもらっているのだそうです。】

« 戻る |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  | 25 |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  |  201  |  202  |  203  |  204  |  205  |  206  |  207  |  208  |  209  |  210  |  211  |  212  |  213  |  214  |  215  |  216  |  217  |  218  | 次へ »